BLOG
BLOG

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2011.03.25 Friday | - | - | pookmark | author : スポンサードリンク |
 

先週末はストライクフォースという

アメリカの総合格闘技の大会を観に、

テネシーはナッシュビルに2泊4日という

超弾丸ツアーで行って参りました。



あくまで格闘技の大会がお目当てなので、

観光なんてほとんどしてません。



テネシーといえば、

カントリーウェスタンやジャックダニエルが有名みたいですが、

そんなのも味わう暇なし。



あっ、でも、少し観光しました。



ナッシュビルでなぜかパルテノン神殿(笑)。







| - | 2010.04.22 Thursday 04:29 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark | author : TAKASHI SHIMADA |
 

BAPE&キン肉マンコラボ超人、

APEGONのカード決定!


5月7日(金)後楽園ホール

「BAPESTA!! PRO-WRESTLING 2010」


APEGON&小島聡 vs. 高山善廣&ザ・グレート・サスケ





| - | 2010.04.21 Wednesday 03:29 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark | author : TAKASHI SHIMADA |
 

一連の吉野家の件では、

ファンの皆さまにご心配をおかけして

大変申し訳ございませんでした。



マスコミは"絶縁状"なんて書いてますが、

私はそんなこと言った覚えはございません。



ただ、この27年にわたる吉野家さんの不義理を

最先端の文明のツールであるツイッターを通じて

みなさんに知ってもらいたかったんです。



しかし、この騒動の中での吉野家さんの公報の方の

「真実とは違います。こういう考え方もあるのか」発言には、

あぁ…吉野家さんの体質は何年たっても、

少しも変わっていないんだなぁ〜と実感しました。



例のトリビア事件の時に、

私にタダで牛丼を食べさせなかった件で

吉野家本社に苦情が殺到。



オンエアー翌日に、

菓子折りと牛丼のタダ券を持って現れた社員が、



「いやぁ〜キン肉マンって牛丼にすごい影響を与えてるんですね?」



私は空いた口が塞がらず、「ハァ?」。



「いやあキン肉マン放映当時を覚えている社員が

ほとんど残っておらず その辺りがわからなかったもので」



「当時キン肉マンのアニメを観て吉野家に憧れた子供たちが怒りますよ!」



と菓子折りとタダ券はたたきかえしました。



そんな社史も知らない人になぜ、

「真実は違う、そういう考え方もある」

と言われなくてはならないのでしょう。



私は今回の件に関しましては、

社長が謝罪してくれるだけでよかったんです。

(社長にも会ったことありませんが)



そうしたら雨降って地固まるってこともあったんです。

残念でいっぱいです。



しかし今回の件でみなさんが、

「もう吉牛食べない」とか言っているみたいですが、

私の本意とは違います。



どうか自分の好みの味の牛丼食べてください。



ゆでたまごと揉めたからって、

好きな店のものを食べないのはおかしいです。



みなさんの友情バワーには、

当然、涙が出るくらい感謝しますが、

どうか牛丼業界活性化のためにも牛丼は食べてあげてください。



スグルの食べるものがなくなっちゃいます(笑)。



| - | 2010.04.15 Thursday 16:29 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark | author : TAKASHI SHIMADA |
 

吉祥寺のバンバンビガロ催事に

ブログの書き込み常連さん現わる。



京都の串かつ屋兼空手家(道場師範!)。



キン肉マン好き過ぎ、

今になってクーピーペンシル使い、

コマをイメージしながらリライトするのが趣味で、

こんなアツイの描いてる。




しかもそのスケッチブックは自分で装丁。



バンバンビガロから

絵を転送してみせてもらいジンと来ました。



ツイッターは気ぜわしいから無理みたいですが、

ブログには”キン肉マンワリ”の名でコメント。たしかにいるね。



なんと平林ビルまで行ったんだって。




ブログやっててよかったぁ(ToT)。





| - | 2010.04.12 Monday 12:29 | comments(13) | trackbacks(0) | pookmark | author : TAKASHI SHIMADA |
 

昨日の4/1、

ネット報道などですでに

お知りの方も多いとおもいますが、

私が何かを起こすといってたのは、

このことだったんです…。



5月7日(金)、

後楽園ホールのリングに“APEGON"参上!








| - | 2010.04.02 Friday 06:29 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark | author : TAKASHI SHIMADA |


本日4月1日は、
キン肉スグルの公式誕生日です。


このめでたき日に、
何もないのも寂しいので、 
何かを起こします。


いや起こります…確実に…。


それが何かはお楽しみ。



| - | 2010.04.01 Thursday 03:29 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark | author : TAKASHI SHIMADA |
 

大阪に住むお袋から
「平林ビル取り壊されるみたいやで」ていう知らせが。

ええっ!? 

平林ビルといえば、
私が4歳から漫画家になる18歳まで、
およそ14年間住んでいた市営住宅の名称で、
相棒の中井くんに出会わせてくれ、
キン肉マンも産み出された、
いわば漫画家ゆでたまごを育んでくれたパワースポット。

これは写真でもいいから、
現存するうちにその雄姿だけでもおさめておこうと
行って参りました。

土曜、日曜を使って、
地下鉄を利用して大阪の南の端、
住之江公園そこから新交通ニュートラムに乗ってひと駅、
「平林」という駅でおりて、
そこから徒歩で市バス停留所正平橋に向かいます。 

駅に降り立った瞬間からもう緊張でドキドキです。

平林ビルの中の階段の壁には、
私と中井くんの書いたらくがきがいっぱいあり、 
その中にはキン肉マンの原型らしい絵もあると
噂で聞いたことがあります。

それが発見できたら収穫です。

はやる気持ちをおちつかせようと、
随行したクッチャラ嫁に昔話などしますが、
気はそぞろです。

道すがら見る周りの風景はあまり変わりありませんが、 
かつて木材で賑わった町も、
外国産の輸入加工木材の台頭や、
長引く不況などで往時の面影はありません。

「あった! あれだ」

駅から歩いて10分くらいで平林ビルにつきました。 

昔は30分くらいに感じましたが、
やはり子供の足だったのでそれくらいに感じたのかもしれません。

ゆでたまごを作った平林ビルは……、 
やはりイメージより小さかった。

子供の頃はもっと巨大に感じたのに、
ブルーのタイルの外観は当時お洒落な感じだったのに、
それは全て剥がされ、
コンクリート壁には茶色のペンキが無造作に塗られているだけでした。

「さっそく中に入ってみよう!」
と撮影係の嫁と入り口に向かうと、

な…なんと。


コンクリートで入り口は封鎖され、

中に人が立ち入れないようになっていました。 


立ち退きで住人も全て引っ越したみたいで、 

あたりに人っこ1人いず、まさに廃墟です。


遠目に2階をみると私たちが住んでいた

226号室のドアーが見えます。


廊下の逆の方向を見ると、

中井くん家族が住んでいた203号室のドアが見えます。

当時そのままです。


あぁ、かつてあの廊下を何回二人で行き来して

描いた漫画を見せあったか。


漫画家になる夢を語り合ったか。


廃墟のビルを見ながらそっと目を閉じると、 

往時は1階から5階までいっぱいの住人が住み、

子供たちの声がこだまし、

買い物のおばちゃんの井戸端会議、

夕げの匂いに満ちた住宅のシーンが、

昨日のことのように甦ってきます。


クッチャラ嫁にいっぱい写真とってもらいました。


「おい、おい、飴を舐める振動でピンボケに撮るなよ」

と軽口をたたく。

涙を悟られぬように。


47年間ありがとう、僕たちの平林ビル!


しかし取り壊さないでほしい…。








| - | 2010.03.16 Tuesday 17:29 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark | author : TAKASHI SHIMADA |


私たちゆでたまごの

大切なブレーンのひとり、山下さんです。



彼はキン肉マンの知識、

造詣の深さは私が今まであった

編集者さんの中でダントツです。



なんせキンケシ418体の

超人パワーをすべて諳じられます。



今まで彼に挑んで破れ去っていった、

自称肉知識自慢は数知れず…。恐ろしい。 

ある意味、彼も超人です。



これからも、

私が超人パワーど忘れしたら

教えてね山ちゃん!





| - | 2010.03.09 Tuesday 13:29 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark | author : TAKASHI SHIMADA |
 

今晩21:00から、フジテレビでオンエアされる

「人志松本の〇〇な話 1周年記念 絶対タメになる話SP」は

キン肉マンファン必見です。 



特にキンケシファンは。



| - | 2010.03.06 Saturday 03:29 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark | author : TAKASHI SHIMADA |
 

ジャンプコミックス、キン肉マン37巻は

内容も大評判で私たちも手応え感じております。



みなさんにお礼と言うわけではありませんが、

コミックスの中表紙の

キン肉マンのシルエット内に入っている

「ウォーズマンビギンズ/仮面の告白」

描きおろしカットの全容です。



この絵はウォーズマンの心情が出ていて大好きです。






| - | 2010.03.01 Monday 22:29 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark | author : TAKASHI SHIMADA |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE

嶋田隆司
漫画家ゆでたまごのストーリー部門、原作シナリオ担当。1960年10月28日、大阪府大阪市西淀川区生まれ。小学生の頃にゆでたまごの相方である中井義則と出会い、中学時代からコンビで漫画を描き始める。中学2年生のときに描いた『ラーメン屋のトンやん』が近鉄漫画賞を受賞。1978年、高校3年生のときに描いた『キン肉マン』が赤塚賞準入選となり、翌1979年5月から『週刊少年ジャンプ』誌上にて『キン肉マン』の連載をスタート、漫画家デビューをはたす。1983年4月にはテレビアニメ放映がスタート。1984年7月には劇場版アニメも公開され、キャラクター商品の人気等も合わせて爆発的なキン肉マンブームを起こす。1985年、小学館漫画賞を受賞。ほかの代表作に『闘将!! 拉麺男』『ゆうれい小僧がやってきた!』などがある。現在、『週刊プレイボーイ』誌上にて、『キン肉マンII世』を好評連載中。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS